印章の書体 

認め印

銀行印

​認め印では読みやすさが大切です。古印体や楷書体・隷書体が一般的です。(印章の直径は10.5mmが一般的です)

銀行印では篆書体や印相体が人気ですが、女性の中には行書体を好まれる方も多いです。

(印章の直径は12mmが多いです)

 
古印体

古印体

隷書体

隷書体

楷書体

楷書体

印相体

印相体

行書体

行書体

篆書体

篆書体

 

実 印

​基本的に運転免許証や保険証の名義欄と同様にフルネームが一般的です。

​ただ、女性は結婚すると苗字が変わる事が多いため、独身時代に作られる際には、フルネームではなく下の名前のみを彫刻させて頂くことも多いです。

​どの書体にするか迷う時は篆書体か印相体が良いでしょう。

(印章の直径につきましては、女性が主に13.5mm、男性は15mm・16.5mmが一般的です。)

篆書体 実印

秦の始皇帝が中国を統一したとき、それ以前に各国・地域で使われていた様々な形の字を統一したのが篆書体です。更にさかのぼれば象形文字などに行き着きますが、この書体が現在の文字のルーツです。日本の紙幣に捺されている印鑑もこの篆書体です。
印相体と並んで実印の書体として選ばれる方が多いです。

印字:原辰徳

印相体(吉相印)実印

吉相印という呼称は印相体で彫刻した印章となります。漢字の基礎となる篆書体をベースに、文字がなるべく枠に付くようにアレンジされた書体です。篆書体に比べて文字のデザインやレイアウトの自由度が増し、お店によって少しずつ雰囲気が違います。実印の書体として選ばれる方が多いです。 印字:森進一

隷書体 実印

レイ

篆書体を書きやすく簡略化した書体。横に伸びやかな風合いが特徴です。
 

古印体 実印

印章のみに存在する書体です。もともとは隷書体で彫られた印章が経年変化してこのような字形になったともいわれています。

日本独自の書体で倭古印(やまとこいん)とも呼ばれ、丸みを帯びた優しいイメージの書体です。「ワビサビ」が感じらますね。

行書体 実印

いわゆる続け字と言われる書体でもっとも筆運びが表現される書体です。

楷書体 実印

書道を習い始めるときに、まずはこの書体からになりますね。とめ、はね、はらい等を丁寧に書くことで全体が引き締まった字になります。

時々、どの書体が一番良い書体なの?と質問されます。

上にも多少書きましたが、認め印は誰の判子かがわかりやすい方が良いですよね。

そういう意味では、古印体・楷書体・隷書体が良いと思います。

会社で昇進し、役職に就いたといったときは、重要な決済に使用することがあると思います。社内で認め印(決済印)を登録する場合もあるでしょう。こんな時はもう少し格式のある篆書体をおすすめします。この場合、自身を守るためにも、どこでも誰でも入手できる既製品を使うのは避けましょう。

実印や銀行印では篆書体と印相体がオススメです。

特に篆書体は今使われている漢字の元々の姿なので、一番正しい字(形)といえます。

日本の紙幣にもこの書体の印鑑が印刷されていることはご存じですよね。

(表面は総裁之印、裏面は發(発)券局長之印となっています)

ただ、あくまでも個人の印章なので、ご自身の好みや好きだなぁと思う書体でご依頼頂いてもそれはそれで良いと思います。