ハンコが欠けた

更新日:11月2日

時折ハンコのフチが欠けちゃったとご来店されます

その際、ハンコが欠けるって縁起が悪いんでしょう?と聞かれます。

そういったときいつもどうお答えしようかと一瞬考えてしまいます。

たしかに当店ではハンコがあなたの財産や権利をお守りします的な表現でお客様にお勧めしていますからねぇ。

でも当店がそのようにお伝えしているのは、お作りした印章は「唯一無二」だから、なんです。この「唯一無二」については後述しますね。

さて、一時期霊感商法にハンコが売られていたことがありましたね。ここで断言しておきたいのですが、フチが欠けると言うことは縁起が悪いわけでも無く、霊感的な意味合いは決してありません。ましてやご先祖様や子孫も全く関係ありません。縁起が悪いなんて一切気にしなくて良いんです。

ただですね、一度欠けるとそこからまた欠けがひどくなることがあります。そのまま使おうとしても実印や銀行印の場合、登録時の印章と認めてもらえなくなる事態になることが多いようです。欠けてしまうと修理はできないので落としたり、マット等を敷かずに力任せに押すのはおやめくださいまし。楽にきれいにおす方法はまた別の機会にご紹介いたします。

さて、なぜハンコにはフチがあるのでしょうか?

多少私感が入りますので、他の印章店では少し異なるお話があるかもしれませんが、まぁ、お聞きください。

ハンコを構成するものとして文字とフチ(枠)があります。

ハンコに彫られる文字はいろんな要素からイメージを持ってデザインしてゆきます。(ワタクシの場合は、ですが)

お名前の文字の意味や文字の形からとか、あるいは来店時のお客様の雰囲気、注文書に書かれた手書きの文字を見て、こんな感じの文字にしようかなぁなんて想像しながらデザインします。といってもマッチョな方だからマッチョな字に・・・なんてことはありませんよ。こうして、同姓同名の方がご注文されてもそれぞれ唯一無二と言いますか、異なる字姿の印章になります。

実際の所、ワタクシのイメージとご本人さんの本当の個性とが合致するのは難しいところですが、少なくとも男性の場合は少しキリッとした感じに、女性の場合は少し柔らかいタッチになるようにして、彫る文字にお客様のキャラクターを反映させようとしています。

良く言うでしょ? 「ハンコはあなたの分身です」って・・・。 少なくとも昭和の頃にはそういうポスターがはんこ屋さんのウインドーに貼られていたことがありました。(えぇ~、確かそうだった・・・ような気がします・・・) 何はともあれハンコにとっては一番重要な部分です。

ハンコにフチなんかなくても良い?

次にフチなんですが、無くてもいいじゃないか。フチがあるから欠けてダメになるんじゃないかというご意見もあるかと思います。

ただ、文字だけだとですね、押せば押すほど文字の部分が摩耗していくんです。細いところは太くなり、線の先端は少しずつ短くなっていきます。 その変化は結構早いかもしれません。しかしフチがあれば、押すときに掛かる圧力をうまく分散してくれるのですり減りにくくなり、長持ちするのです。

いやいやフチには感謝です

ということはですね、このフチ、お客様の大切な名前を守ってくれているんだと思うんです。

フチに感謝しなきゃ、ですね。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日、実印を無くしたとお客様が来店されました。 詳しくお話を伺うと・・・・・ お客様 「家の中にあることは間違いないんだけどなんか出てこないのよねぇ。それでね、前に作ってもらった実印と全く同じものを作ってもらいたくて来たんです。」 私 「あらまぁ紛失されてしまったんですか? それは大変ですね!。それでコピー品を?」 お客様 「そうなのよ。おんなじ実印を作ってくれたら手続きとかしなくていいでしょ? 

当店では年に5~10人のお客様が、 「先日、子どもの頃とてもかわいがってくれたおじいちゃんが亡くなって・・・」 「それで、おじいちゃんが使っていた実印を記念にと、僕がもらったんだけど、どうしたらいいのか分からなくて・・・」と来店されます。 こう言われるお客様が見せてくださる印章は、印面(彫刻面)が所々朱肉に染まっていますが、印章の材料としてはまだまだ現役の状態のものが多いです。 この場合、形見の印